mail:info@office-ssk.jp

長野・東京・神奈川・埼玉・山梨など関東甲信越,名古屋,大阪ほか全国対応です。

0263-88-2968

電話受付時間 平日9:00~19:00(事前にご予約頂ければ時間外・休日でも対応させて頂きます)

相続放棄を司法書士に依頼するメリット

確実に放棄ができます

相続放棄は佐々木司法書士事務所へ

相続放棄の申述(申し立て)は,裁判所に却下されると,やり直しはほぼ不可能です。その結果,あなたは,いわれのない借金を背負いこむことになります。
相続放棄できる期間を過ぎていたり,あなたが被相続人の財産を使ってしまっているなどの事情がない場合
,司法書士に依頼すれば,確実に相続を放棄することができます。

期間経過や被相続人の財産を消費した場合でも,事情によって相続放棄が可能な場合がありますので,そのような場合はご相談ください。

★ご相談,ご依頼までの流れはこちらです。

書類に署名押印などをするだけです

相続放棄は佐々木司法書士事務所へ

相続放棄の手続きを当事務所にご依頼頂いた場合,あなたは書類に署名押印や簡単な回答をし,書類を返送するだけです。

当事務所に依頼すれば,きっと気持ちがとても楽になります。

ご依頼頂いた場合の手順は次のとおりです。
※青い文字は当事務所がすること,赤い文字があなたにして頂くことです。

当事務所からあなたに「業務依頼書」を送付
②「業務依頼書」に署名押印し返送して頂くここから業務を開始する。
戸籍収集も併せてご依頼頂いた場合は,戸籍収集を開始する。
被相続人の死亡日やその他の事情などをお聞きし,相続放棄申述書を作成する。
相続放棄申述書をあなたに送り,署名押印して返送して頂く
※①~⑤は同時進行でする場合も多いです。

返送された相続放棄申述書に印紙・予納切手,戸籍等を添付して家庭裁判所に送付する。
⑦1~2週間で裁判所から質問事項を書いた「照会書」があなたに送付される。
⑧その「照会書」に対し,回答書に回答を記載して裁判所に返送する
※回答については当方でアドバイスします。
1~2週間で裁判所から「相続放棄申述受理通知書」があなたに送られてくる。これで手続き完了。必要があれば,更に「相続放棄申述受理証明書」を取得する

★ご相談,ご依頼までの流れはこちらです。

費用は格安の2万円

相続放棄の費用2万円

当事務所の報酬は,

 基本報酬 2万円(税込み)
   2人目以降 15,000
円(税込み)※同一の被相続人
格安で追加料金なしの分かり易くて安心な料金設定です

書類を作って終わりではなく,相談から手続き完了まで,何度も相談しながら手続きを進められてこの料金です。
また,戸籍収集の報酬は,
 配偶者・子の放棄なら3,000円程度,
 その他の場合も5,000円を上限とし,
それ以上の請求はありません。
 (※いずれの場合も実費は必要です)

相続放棄の実費と報酬の総額は次のとおりです。
なお,別途ご依頼により戸籍を収集する場合は,市町村の発行手数料,郵送費,定額小為替などの実費が3,000円~7,000円,司法書士の報酬が
3,000円~5,000円かかります。戸籍収集費用は相続関係などによって変動します。
【計算例:子が親の相続を放棄する場合】

相続
人数
裁判所の
印紙・切手
送料等
雑費

司法書士
報 酬

小 計

平均的戸籍収集
費用を加算した額

1名 1,270円 950円 20,000円 22,220円 約30,000円

2名

2,540円 1,530円 35,000円 39,070円 約48,000円
3名 3,810円 2,110円 50,000円 55,920円 約64,000円

 実際の事例紹介(費用など)はこちら

 

事例のご紹介

実際に扱った事件をご紹介します(個人情報保護のため若干脚色しています)

親子間の相続放棄

音信不通|相続放棄

被相続人:65歳の男性,独身(離婚歴あり)
相続人:長女(40歳),長男(36歳)
長女・長男は,両親が離婚し,幼いころは母親と暮らしていて,父とは30年音信不通。
父が孤独死したアパートの大家の通報で,警察から連絡があった。

父親は離婚後に転籍していたので,婚姻中の戸籍,転籍後の戸籍(コンピュータ化前の戸籍),最終の除籍謄本,住民票の除票などを取得し,最終住所地を管轄する家庭裁判所に放棄の申述をした。

【費用】
(1)実費 合計10,002円
 被相続人 戸籍謄本類3,450円,住民票除票300円
 相続人  戸籍謄本2人分900円
 定額小為替600円,市町村への郵送(往復)682円
 裁判所手数料1,600円(2名分)予納切手940円
(2名分)
 当事務所との通信費 1,530円
(2)当事務所の報酬 合計40,000円
 基本報酬 35,000円(1人目20,000円,2人目15,000円)
 戸籍収集報酬 5,000円※以上すべて消費税込み

 

兄弟姉妹の相続放棄

被相続人:55歳の男性
相続人 妻と独身の子2名,被相続人の妹
父母・祖父母は既に死亡
建築業を営んでいた男性
が,経営不振を苦に自殺した。
負債が数千万円あったので,妻子は同時に相続放棄をし,次いで妹の相続放棄をすることとした(順位が違う相続人は同時に相続放棄はできない)。

妻子と妹の放棄に必要な戸籍は,
①Aの出生から死亡までの戸籍
②Aの両親(生きていればいずれも70代)の死亡時の戸籍
Aの父方母方双方の両親(生きていればいずれも90代の死亡時の戸籍
④妻子と妹の戸籍
⑤Aの住民票除票

【費用】
(1)実費 合計12,140円
 戸籍等取得費用 6,590円
(親子3代同じ本籍だったので相続人が収集)
 
裁判所手数料2,400円(3名分)予納切手1,410円(3名分)
   
当事務所との通信費 1,740円
(2)当事務所の報酬 合計65,000円
 基本報酬 35,000円(1人目20,000円,2人目以降15,000円)