相続登記(名義変更)の費用,その相場と安く抑えるコツ

相続登記の実費の目安

相続登記(不動産の名義変更)の費用は,実費と司法書士を依頼した場合の手数料の合計額です。
そのうち,実費の殆どは登録免許税です。これは不動産の価格(固定資産税評価額)によって大きく変動します。しかし,それ以外の実費は,ある程度予測がつきます。

①登録免許税 固定資産税
評価額の0.4%
1000万円の場合
40,000円
②登記簿謄本
 取得等雑費

登記状況の事前調査
登記後の登記簿謄本
法務局へ郵送費用

約3,000円

③戸籍謄本類
 の収集費用

被相続人の出生から
死亡までの戸籍謄本
相続人の住民票など
親子,配偶者の相続の場合
4,000円から
7,000円ぐらい

上の表のうち②③は1万円程度で,これは不動産の価格が高くても変わりません。不動産の個数や相続人の数が多いと多くなりますが,それでも増加分は数千円から1万円程度です。
従って,相続登記の実費は登録免許税+1万円~2万円,これに次の司法書士の手数料を加算したものが相続登記の総費用と考えればいいと思います。

司法書士の手数料(料金)の相場

司法書士の手数料(料金)は,各事務所が独自に決めており,一定の金額はありません。中には我々同業者でも驚くような超高額な料金設定の事務所もありますが,もちろん,非常に良心的な事務所もあります。提供されるサービスの差もあるので,一概に「高い!」「安い」とは言えないでしょうが,どんなものにも相場があり,相続による名義変更(相続登記)の司法書士の手数料の相場は5万円~8万円といったところです。

相続登記の総費用は,この前の項目の実費と手数料相場を合算したものが目安ということになります。でも,次の追加費用・付随費用は要注意です。

追加費用・付随費用にご注意!

司法書士の手数料・料金はちょっと複雑です。
①不動産の価格による加算(〇〇円以上〇円加算)
②不動産の個数による加算(〇個以上〇円加算)
③相続関係説明図(家系図)の作成費用
④事前の調査や登記完了後の登記簿謄本取得費用等々,追加費用・付随費用を請求される場合があります。基本料金だけ見て安いと思っても,終わってみたら高額だったということもあります。依頼する前に見積もりを出してもらい,費用はしっかり確認した方がいいです。

その点,当事務所の費用は全て定額で費用加算は一切ありません。

費用を安く抑える方法:自分で登記する

自分で登記:司法書士費用0円

司法書士を依頼せずに登記すれば,上表の実費のみで済みます。例えば,父が死亡して子が相続する場合など単純なものは十分ご自分でできます。ネットにも登記の仕方を詳しく情報提供しているサイトもありますし,法務局も登記申請書のひな型を掲載しています。【法務局のURL】http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/minji79.html#22

しかし,ご実家の登記など遠方の物件の場合は注意が必要です。登記は,その物件を管轄している法務局に申請します。その方法は直接出向いて提出,郵送,ネットで申請の3種類ですが,ネット以外の場合,誤りがあった場合,その修正(補正)に手間と時間,そして費用(交通費など)が掛かり,司法書士を依頼した方がトータルのコストでは安かったということもあります。

物件の場所,使える時間など十分お考えの上,試してみるのもいいかもしれません。

費用を安く抑える方法:司法書士の手数料を値切る

巧みな値切り攻勢に
固まる司法書士

値切り交渉はご容赦ください

実費は,司法書士を依頼せずに自分で登記しても同じ額の費用がかかります。従って,相続登記の費用を節安するには,自分で登記するか,司法書士の費用を安く抑えるかのどちらかということになります。では,司法書士の費用を安く抑える方法は,
①安い司法書士を探す(例えば当事務所は安い!)
②交渉巧みに値切る(司法書士泣かせ)
③自分でできるところは自分でする(ちゃっかり司法書士のアドバイスを受けながら)
などの合わせ技でいくしかありません。

自分で「司法書士を値切れ」と言っておいて心苦しいのですが,当事務所は小さな事務所でローコスト経営の結果,相続登記3万円,付随業務5,000円の破格の費用を実現しました。
これ以上安くすると経営が苦しくなりますので,値切り交渉は何卒ご容赦ください。

費用を安く抑えるコツ(出来ることは自分でする)

ここでは,ちょっと手間をかければ自分で出来ることをご紹介します。

戸籍収集

戸籍収集も単純なものは難しくありません。市役所の窓口で「被相続人の出生から死亡までの戸籍をお願いします」と言えば,概ね揃います。
ただし,被相続人が高齢であったとか転籍が多い場合は少し大変です。親族関係が複雑な場合や相続が連続している場合は,司法書士に依頼した方がいい場合もあります。

当事務所なら,複雑なものでも,戸籍収集の手数料は定額の5,000円です。

遺産分割協議書

遺産分割協議書は,その目的を理解して作成すれば,難しいものではありません。
作成の要点は,
①被相続人の特定
②相続人の特定
③遺産とその相続の特定
です。
物件等の明細は,評価証明書ではなく,登記簿謄本などを見て正確に書いてください。
下記は当事務所で使っている遺産分割協議書のひな型です。参考にしてください。


 

相続関係説明図

相続関係説明図は無料です

法務局HPから引用・加工

当事務所では無料ですが,相続関係説明図の作成に1万円以上もの費用を請求する事務所もあり,ビックリです。
実は,この説明図は手書きでもいいし,そもそも必須の書類ではありません。戸籍謄本の原本を法務局から返して欲しい時に提出するものです。もし,戸籍等の取得費が数千円だったら,むしろ原本を法務局に提出した方が安上がりです。これも法務局のホームページにひな型があります。

【ひな型のURL】http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/content/001207252.pdf