相続放棄Q&A

相続放棄に関する放棄の期間,費用や必要書面など「よくある質問」ではなく,ちょっと変わった質問をご紹介します。
なお,具体的・
個別な案件についての回答ではありませんので,もし同じような事例でお悩みの場合は,メールまたは電話にてご相談ください。

30年前に母と離婚した父が亡くなりました。
遺産は有名なリゾート地に通じる県道沿いの小さなカフェ兼自宅のみです。借金や税金の滞納はないそうです。専門家に相談すると,「借金がないなら相続すべき」「後々,管理や建物の取壊しが大変になるので放棄した方がいい」という両極のアドバイスでした。相続すべきでしょうか?

その物件の売却や活用の可否によります。

その不動産の立地や現況から見て,安値なら何時でも売れる,賃料が安ければ借りる人もいるとお考えなら相続しては如何でしょうか?
でも,最近では相続した不動産の売却や利用に悩む人も少なくありません。
つい最近の話ですが,ある地方都市近郊の土地・建物を相続した人がほぼ無料で土地建物を売却しました。更地なら百万円前後で買い手がいたのですが,建物の取壊し費用が嵩むということで,買主が建物を取り壊す条件で別の人に売却しました。結局,それまでにかけた税金や登記費用,修繕費などが赤字となりました。
このような場合は相続を放棄した方が良さそうですが,放棄しても,次の相続人が管理を開始するまでの管理責任は残りますのでご注意ください。
次の質問をご参照ください。

実家の相続ですが,ど田舎の山の中です。祖父名義の土地の面積は恐らく東京ドーム数個分と広大ですが殆ど山林や農地です。現金預金が相当額あったので,法定相続人全員(祖父の子(叔父)や孫)で分けて,土地は叔父が相続します。叔父は資産もなく,家族もいないので,亡くなったら皆で相続放棄をするつもりです。これって何か問題になりますか?

違法ではありませんが・・・放棄しても管理義務は残ります。

実家の相続どうする

叔父様は,あまり深く考えず,甥姪のためになるならと引き受けてくれたのでしょう。
でも,その叔父様が亡くなったら,甥や姪は相続人になります。そして,その全員が叔父様の相続を放棄した場合,相続財産管理人が選任されるまでの間,最後に放棄した甥姪はその土地の管理責任を負いますので,完全に負の遺産から解放されるのではありません。
この相続財産管理人選任の申し立ては,最後に放棄した相続人の義務ではありません。しかし,管理人が選任されないと,いつまでも管理責任から解放されません。そこで,この申立てをしょうとすると,その費用の高さに驚いて申立てを断念する人も多いのです。
費用は,管理人の当面の管理費用と報酬ですが,その金額は数十万円から百万円にもなります。そして,管理人が土地を処分できない場合,いつまでも管理人の費用を支払うこととなります。土地は放棄ができないので,このようなことになるのですが,この点の法律改正が検討されています。

叔父の債権者という会社から内容証明が届きました。叔父には相当額の負債があるらしく,妻子は相続を放棄したので,私に支払えと言っています。私の父は(叔父の兄)叔父より先に亡くなっています。
本当にそうなのか確かめようと,叔父の妻子に連絡をとろうとしましたが電話が通じないし,手紙の返事も来ません。本当に放棄していた場合,どのように相続放棄手続を進めたらいいのでしょうか?

まずは,叔父様の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に,叔父様の子から相続放棄がされているのか照会(問い合わせ)をしてみましょう。

叔父様の妻子が相続したのか分からない場合,叔父様の最終の住所地(住民登録地)を管轄する家庭裁判所に対し,子(妻の放棄はあなたの相続順位と関係がありません)が相続放棄や限定承認をしたのかどうか問い合わせることができます。その方法は下記のURLで確認してください。もちろん,当事務所でもその手続を代行できます。その結果,子が放棄していた場合,あなたはそれによって相続人となりますので,あなた自身の相続放棄手続をしてください。

【東京家庭裁判所】
https://www.courts.go.jp/tokyo-f/vc-files/tokyo-f/file/S01-1-1.pdf

 

父が死亡しました。その3か月ぐらい前に破産状態の伯父が死亡しており,その相続人が父です。父は伯父の相続については放棄していません。私が父を相続すると,伯父の負債も相続しますか?

お父様が伯父様の相続を承認していなければ,あなたがお父様を相続しても大丈夫です。

再転相続放棄

このように,第1の相続開始後,その相続人の熟慮期間内にその相続人が放棄も限定承認もせずに亡くなってしまうことを再転相続と言います。
さて,お父様は,伯父様の相続について放棄をしていないとのことですが,お父様が「自分が伯父様の相続人になったことを知った時」が重要なポイントです。その時から3か月以内に亡くなったのであれば,お父様は相続を承認していないことになります(それ以前に承認するような行為があれば相続したことになります)。
そうであれば,あなたはお父様の立場において伯父様の相続を放棄すればいいのです。そうすれば,お父様自身が伯父様の相続を放棄したのと同じ効果が生じますので,お父様は伯父様の債務を相続しなかったことになります。従って,あなたがお父様を相続しても伯父様の負債を相続することはありません。なお,あなたが伯父様の相続を放棄するかどうか考える期間(熟慮期間)は,再転相続が開始していることを知った時,即ち,お父様の死亡,伯父様の死亡,お父様が伯父様の相続人であることなどの事実を知った時から3か月です。